在日ブラジル人の年金

 ある会社から、ブラジル人の年金について説明を依頼された。

 色々調べてみた。年金事務所や電話相談では、ほとんど対応が困難だったので
 厚生労働省年金局国際年金課へ電話した。色々わかってきた。

 (1)日本とブラジルの社会保障協定が、2012年3月発効した。

    つまり、日本の年金加入期間とブラジルの年金加入期間が通算できるようになった。

 (2)受給資格10年制度

    現在日本の年金は25年加入が必要だが、10年で受給資格ができる。
    これが実現されれば、多くの外国人の年金受給者が増えると予想される。

    しかし、これは消費税率引上げと同時に実施されるもので、
    平成27年10月を予定されているが、あくまで予定である。

 (3)国民年金保険料後納制度

    10年さかのぼって保険料を納めることができる特例措置だが
    10年受給が実現されれば大いに効果は望めるが、現在の25年だと
     色々ハードルは高い。この特例措置は、平成27年9月までで
    10年受給資格とリンクして実施される。所謂「税と社会保障の一体改革」という
     ものであろう。

     10年らなら後納しても良いが、25年のままなら年金はもらえないという人は
     色々と迷うところだと思う。


     いずれにしても、こんなにわかりにくい制度は、もっと身近に説明してくれる
     機会を作らないと、多くの人が解らないまま過ぎていくと思われます。



     各国の社会保障協定 はこちら
     
        各国の社会保障協定

      ブラジル人の年金
      
      ブラジル人の年金

      国民年金保険料後納制度 
      
       国民年金保険料後納制度


良かったら、下のランキングボタンを押してくださいねっ♪
FC2ブログランキング にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
スポンサーサイト

テーマ : 社会保険労務士
ジャンル : ビジネス

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR